もはある日記

岡山県の西端で、英日翻訳をしています。ここに「も」ステキなもの「は」いっぱい「ある」よ!

この会社を知らないと IT 業界のモグリ?

IT 関係の文書、ケーススタディなんかで、よく登場する会社がある。

 

何社かあるのだが、中でも有名なのは Contoso 社だろう。Wikipedia にも項目が立てられているくらいだ。

ja.wikipedia.org

 

同社はパリに拠点を置く本社を置く多国籍企業で、多数の製品の製造、販売、サポートを手がける。従業員多数、支社も多数、インフラは大規模…というわけで、IT 業界にいるといろいろな場面で遭遇する。

Contoso 社の概要はこちらのページが詳しい。↓

docs.microsoft.com

 

上記いずれかのリンク先をご覧になればお分かりだろうが、Contoso 社は、Microsoft がサンプル用に使う架空の企業だ。

ちなみに、Microsoft には Contoso 社以外にもサンプル用の架空企業や組織がいくつか存在する。A.Datum 社、Fabrikam 社、Litware 社、Proseware 社、Adventure Works 社、Tailspin Toys 社、Trey Research 社、Wide World Importers 社、Tailwind Traders 社、First Up 社、Alpine Ski House 社、Humongous Insurance 社、Bellows College などなど… (いくつかどころじゃないな)。

Contoso 社はこれらの企業とパートナー関係にあったり、サービスを提供していたり、と友好的な関係を築いていることもあれば、他社を買収することも。大抵は Contoso 社は企業買収をする側なのだが、時々、逆に買収もされている (Microsoft 以外が制作した文書に多いように思われる。こちらとか)。

 

これらの架空企業は意外にも (?) 企業規模や IT システムのアーキテクチャなどの設定がよく練られている。いつも特定の企業に買収されていたり、ネットワークインフラが貧弱で問題を抱えていたり…。見かけるたびに、ここはいつも最新システムに投資しているな!と感心する会社もあれば、ここの IT 部門はダメダメだな…と同情してしまう会社もある。ただの架空企業と侮るなかれ、追っかけてみると奥深いのだ。

 

 

さて、どうしてこんな架空企業の話を思いたったかというと、先日読んだ『10年間飲みかけの午後の紅茶に別れを告げたい』という本が面白かったからだ。

本書はさながら大人の自由研究みたいな連作集。10 年間放置されていた飲みかけのペットボトル紅茶は飲めるのか?入浴剤「バブ」の音はなぜ他の入浴剤よりも心地よいのか?「機関車トーマス」の事故発生率は?など、些細な疑問に本気でデータを収集して取り組んでいるのが素晴らしい。

特に気に入ったのが、「取扱説明書554冊からたどる或る男の人生」だ。ドコモの携帯の取扱説明書には、ドコモ太郎なる人物がいつも登場するらしい。多数の取扱説明書をくまなく確認し、ドコモ太郎が送ったメールの内容を見ていくと、ドコモ太郎の思わぬ人生が明らかに…。

 

私はさすがに本書のように徹底的に調査はしないけれど、Contoso 社ウォッチング、続けています。

 

読書: 『街の公共サインを点検する』

東京オリンピック開催が決まったころ、公共サイン (駅や道路などの案内、看板、標識など) の翻訳需要が高まるかも~なんて話がそこかしこでありました。それから幾年…

 

私は主に英→日の翻訳をしているので、日→英 (中、韓 etc) の需要が主であろう公共サイン翻訳の引き合いはないのですが、公共サイン翻訳の現状が常々気になっています。

 

そこで手にしたのが本書『街の公共サインを点検する』です。

 

本書は副題に『外国人にはどう見えるか』どおり、日本を訪れる (日本に住む) 外国人にとって、公共サインがどう見えているか、適切に役立っているかの考察が中心です。

しかし、公共サインが正しく訳されているかどうかだけでなく、その情報を必要としている人に適切に届くか (わかりやすい場所に設置されてるか。そもそも日本は公共の場に掲示物が多すぎる) という点も分析しており、言語を問わず、サイン (案内、看板、標識など) を設置・掲示する人はマストリードの内容になっています。

 

特に印象に残ったのは「防犯に関するサイン」セクションの「標準モデル (日+英+中+韓 [韓+中]) の順序は変えない」、「日本語と外国語でメッセージを変えない」という点です。

多言語の案内を用意するのは良いことですが、扱い方次第では差別や偏見で相手を不快にさせかねない (特に、防犯に関するサインでは相手を想定犯罪者と見なしていると伝えることになりかねない) と指摘しています。

オリンピック×公共サインで、こんな事件がありましたね。

www.huffingtonpost.jp

「宿泊客」と「オリンピック関係者」で分けていれば妥当性 (オリンピック関係者を守るため。内閣官房の規定) があるのに、なぜか「日本人」と「外国人」で分けてしまったために、張り紙を作った人の本心はどうであれ、「外国人がコロナの感染源だと思っている」というメッセージを伝えてしまったわけです。

 

聞いた相手がどう感じるかを考えて文章を作るのは、母語でも難しいものです (毎日のようにニュースで失言の謝罪を見ますね)。差別語・不快語だけなら機械的にピックアップして取り除くことは可能ですが  (以前「翻訳での差別語・不快語の扱いを考える」という記事を書きました)、潜在的な差別的思想に気付くのはそう簡単なことではありません。定期的に差別問題について考えたいと思っているので、本書はその良い機会になりました。

翻訳者の本棚

今週のお題「本棚の中身」

 

はてなブログのお題が好みのものだったので、久しぶりにお題記事を投稿します~

 

読書友達と話をすると、自分の読書記録や本棚を他人に公開するか否か、という話題になることがあります。積極的に公開したい!という人もいれば、私はちょっと…、という人もいて、本好きでも態度はさまざまです。読書はその人の人格・思想に大なり小なり影響を与えるものですし、読書傾向からプライベートの様子が透けて見えることもあるので、公開に抵抗感があるのもとーっても理解できます。

 

私はといえば、このブログや 読書メーター で読書記録を公開しているとおり、比較的積極的に読書歴をオープンにしている方です。とはいえ、読んだ本をすべて記録しているわけではないし、マンガや雑誌も記録していないんですけどね。

 

読書記録を公開しているのには、いくつか理由があります。

1 つは、読書仲間と知り合うためです。読書メーターでは、他のユーザーの読書記録を見られるので、気になる読書家さんと知り合うことができます。そこで知り合った読書仲間と本を勧めあったり、読書会をしたりするのが、楽しい趣味になっています。

もう 1 つは、自分の専門性を示すためです。翻訳を仕事にしてます、と言うだけでは、自分の専門性や得意分野を相手に伝えることはなかなかできません (どんなクライアントと取引しているかも伝えられないしね…)。そんなとき、今までこんな本を読んできました、と伝えられれば、専門性の方向や、学習やスキルアップに費やした金額や時間もなんとなくおわかりいただけるかと。

 

というわけで、仕事場の本棚の一部を公開いたします~。

どの棚もミチミチなので、床に積まれている本の方が多いのですが…;

 

新書・文庫棚

 

翻訳関係棚

 

辞書・リファレンス棚

 

IT・ゲーム開発棚

 

言語学・豚棚

 

ライティング・ビジネス書・美術棚

 

読書: 『良い FAQ の書き方』

産業翻訳で訳すドキュメントのジャンルの 1 つ、FAQ (Frequently Asked Questions: よくある質問)。

メーカーであれ、小売業であれ、その他サービス業であれ、大抵の会社が用意しています。一回 FAQ を用意してしまえば終わりではなく、新しい機能、サービス、キャンペーンのリリースに合わせて更新されたり、追加されたりもするので、訳す機会はそれなりにあるのです。

 

FAQ の書き方に特化した本を見つけたので、読んでみました。

今までは FAQ がとりわけ特殊な文書であるとは思っていなかったのですが、FAQ の意義や特徴を知って、訳し方でこんな工夫ができるかも! といろいろヒントを得られる良本でした。

 

本書は、単なる FAQ の書き方のみならず、FAQ のカテゴリの作り方 (第 6 章)、分析とメンテナンスの方法 (第 7 章)、FAQ システムの仕組み (第 8 章) までひととおりカバーしていますが、FAQ を訳すうえでは、第 1 章~第 5 章を読めば十分です。

 

以下、各章のお勧めポイントを紹介します!

 

第 1 章 FAQ はなぜ重要なのか

第 1 章は、「良い FAQ を書くとどんな良いことがあるのか」を具体例を挙げながら解説しています。カスタマーサポートにかかるコストの削減がその一例です。

 

FAQ を機械翻訳して公開したが、訳がイマイチで顧客の疑問を正しく解決できない→コールセンターへの電話が減らず、コールセンターの人員を削減できない… という状況はままあるかと思います (米国の某 IT 企業のヘルプドキュメントの訳がダメダメで全然問題を解決できない、なんてよく聞きます)。

 

逆に、FAQ を適切に訳せば、カスタマーサポートのコスト削減につながる可能性があるわけです。質の高い翻訳を提供することでクライアントのコスト削減にかなり直接的に貢献できるとしたら、翻訳者冥利に尽きますよね~。そんな意義のある文書を訳しているんだ、と思うとモチベーションが上がります。

多くのクライアントはできるだけ翻訳費用を抑えようとしているでしょうが、そこにしっかりお金をかけることで、別のコストを削減できるのですよ、ということを私は強くアピールしたいです。…まぁ、そんなにうまくコスト削減できないかもしれないですけど。

 

第 2 章 FAQ を書くための基礎知識

第 2 章は、第 3 章~第 7 章の要約です。この本をじっくり読むべきか迷っている方は、この章をまず読んでください。このトピックについてもっと詳しく知りたいかも、と思えたら、該当する章をじっくり読むのがお勧めです。

 

第 3 章 Q の書き方 / 第 4 章 A の書き方

筆者が考える優れた Q (質問) と A  (答え) は以下のようなものです。

  • Q: ユーザーが見付けやすく、確信を持って選べる
  • A: Q の文章から期待される内容を端的に回答している

第 3 章と第 4 章では、この優れた Q と A を実現するためのテクニックをビフォー/アフター形式で解説を交えながら豊富に紹介しています。

 

取り上げられているテクニックは、用語・表記を統一する、6W1H にする、リストの粒度を揃える、など、多くは一般的なテクニカルライティングと共通していると言えます。

 

読みどころは、FAQ 特有のテクニックです。例えば、

  • Yes/No クエスチョンにせず、「~を教えてください/を知りたい」という文体にする
  • Q の書き方を工夫して端的な A になるようにする

あたりでしょうか。どうしてそのような書き方を推奨しているかは、ぜひ本書を読んでご確認ください。なるほど納得で、自分が FAQ を書く (訳す) ときに見習いたいこと請け合いです。

 

通常、翻訳は原文に沿ったものにすることを求められるので、FAQ の質はある程度原文の質に左右されてしまいます。Q と A の内容が微妙にずれてる~ (泣) とか、この Q は疑問文 (What can I ~?) だけどこっちの Q は命令文 (Please tell me~) とか。そんなとき、この本のテクニックを活用すれば、訳された FAQ の質を少し底上げできるに違いない…と思っています。

 

第 5 章 FAQ ガイドラインの作り方

この章は、翻訳業界的に言えば、スタイルガイドと用語集の作り方の説明です。普段からそれらに従って作業をしている人にとっては特に目新しい内容はないのですが、この章を読んで、FAQ 用スタイルガイドがあってもいいんじゃない? ということに思い至りました。

 

ここまで読み進めると、FAQ には FAQ 特有の書き方がある、他の文書と FAQ では質の評価基準が違う、ということが分かるはずです。

でも、どうでしょう。私は今まで、FAQ 用のスタイルガイドを見たことがありません。企業によっては、マーケティング文書、技術文書、UI、字幕、と文書のジャンルごとにスタイルガイドを用意していることがありますが、FAQ 用スタイルガイドに遭遇したことがないのです。

FAQ の Q は特に原文の書き方が特殊です。企業目線ではなくユーザー目線 (主語が I や User) で、疑問文が多用されます。しかし、一般的なスタイルガイドは企業目線で文書をどう書くかを定めたものなので、FAQ にそのまま適用できないケースが結構あり、訳文のスタイルをどうするかは翻訳者に委ねられることになります。複数の翻訳者が携われば、スタイルが不統一になる可能性もあります。

 

クライアントさま、翻訳会社さま、ぜひ FAQ 用スタイルガイドの整備についてご検討ください~~~!

2022 年 5 月に読んだ本

忙しくてあまり読めなかった 5 月。Kindle Unlimited では 1 冊も読まなかったな…。小説も全然読んでないな…。

 

5月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:1986
ナイス数:40

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)外国人が熱狂するクールな田舎の作り方 (新潮新書)
読了日:05月28日 著者:山田 拓
よみがえれ!老朽家屋よみがえれ!老朽家屋
読了日:05月28日 著者:井形 慶子
雑誌の人格 2冊目雑誌の人格 2冊目
読了日:05月17日 著者:能町 みね子
尾道ねこ町さんぽ道尾道ねこ町さんぽ道感想
坂道、ねこ、お寺、映画・アニメなど、テーマを決めたお散歩まんがが複数掲載。こんなにいろんなテーマでお散歩ができちゃう観光地うらやましいわ~~~。閉店してしまったお店もちょいちょい登場しているので、懐かしさを感じる。諸行無常
読了日:05月17日 著者:柏木 きなこ
角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 アンネ・フランク 日記で平和を願った少女角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 アンネ・フランク 日記で平和を願った少女感想
イラストレーターと漫画家に惹かれて読んだのだけれど、最近の伝記漫画はここまで進化しているのか…!と驚いた (伝記漫画と言えばコマ割りが単調で説明的なイメージがあったが、本書はかなり商業漫画的でぐいぐい読ませる)。アンネの日記を読みたくなったし、ホロコースト記念館にも行きたくなった。
読了日:05月17日 著者: 
執事の仕事術執事の仕事術感想
執事ビジネス、富裕層向けビジネスの概要が分かる。仕事のモチベーションの保ち方など、一般的なビジネス論も。
読了日:05月08日 著者:新井 直之
やりたいことがさくっと実現する インバスケット的「根回し」仕事術やりたいことがさくっと実現する インバスケット的「根回し」仕事術
読了日:05月06日 著者:鳥原隆志
彼岸の図書館: ぼくたちの「移住」のかたち彼岸の図書館: ぼくたちの「移住」のかたち感想
タイトルから私設図書館運営や移住の暮らしに関することがメインかと思いきや(いや、根本的にはメインなのだけど)、いろいろなゲストを呼んで(内田樹先生率高し)、その人の専門分野と絡めてわいわいとディスカッションしている。将来の日本の形がどうなるか…なんてところにまで考えが及んでいて興味深い。田舎に住む人間にとってはなかなか怖い将来像なのだけれど…。
読了日:05月04日 著者:青木 真兵,青木 海青子
マイクロ・ライブラリー 人とまちをつなぐ小さな図書館マイクロ・ライブラリー 人とまちをつなぐ小さな図書館
読了日:05月04日 著者:礒井 純充,中川 和彦,服部 滋樹,トッド・ボル

読書メーター

読書: 『雑誌の人格』

今回紹介するのは、能町みね子さんの 『雑誌の人格』。

いろいろな雑誌の読者像を想像して1人の人格として描き出そうと試みた本です。

各誌が想定している読者を、紙面の企画や、よく使われている言葉に着目してプロファイリングしているのがとても面白いのです。

 

読者をプロファイリングする作業が楽しい!というのは、文筆業やマーケティング業の人にはとても共感できるのではないでしょうか。

我々が文章を書くときには、これは管理職向けのプレゼンだから…、30 代の流行りもの好き男性への販促資料だから...、技術に詳しくない人向けのマニュアルだから…、と読者像を頭に置きながら、どんな文体が良いか、どんな言葉を使うべきかを常に考える必要があるわけですから。逆に文章を読むとき、私は、なるほどこれはこんな読者を想定した言葉のチョイスなのかな? 自分が似たようなジャンルの文章を書くときに参考にできるかな? なんて想像してしまいます (職業病みたいなものですね)。

 

取り上げられている雑誌は女性誌が半数以上ですが、どの雑誌にもそれぞれ異なる特徴的読者像が作り上げられていて、女性誌の幅広さを感じました…。

他にも文芸誌、カメラ雑誌のほか、『SPA!』なんかも分析の対象に。続刊の『雑誌の人格 2冊目』、『雑誌の人格 3冊目』ではトラック誌や旅行誌も登場して、さらにバラエティ豊かです。

 

いろいろな読者像のカタログとして、手元に置いておきたい 1 冊です。

 

 

読書:『「AI で仕事がなくなる」論のウソ』

機械翻訳が普及したら翻訳者は要らなくなる!なんてことがずいぶん前から言われていますが、なかなかなくなりませんねー?

 

そこで、本日紹介するのはこちらの本です。

 

 

なかなか煽るようなタイトルですが、内容はけっこう読みごたえがあります。

 

この本ならではなのが、3 社の大手企業の社員にインタビューして、事務、営業、流通実務で AI を導入して人間の仕事を削減する余地はあるのかを検討するセクションです。

技術的に AI で代替可能な仕事に関する議論はさまざまな場所で (多くは机上で?) なされています。しかし、AI の導入コストを考えると AI で代替しない方がよい作業や、AI で代替可能でも人がやったほうが効果的な作業 (例: 督促はメールや機械音声よりも人 (肉声) の方が回収率が高いらしい) などを実務者の意見を踏まえながら明らかにしていくプロセスは、自身の仕事の将来的な AI 代替性を考えるうえで参考になります。

 

本書は 2018 年刊なので、少し内容が古いかなぁと思う部分も多少あります。この先 15 年の雇用を予想していて、もう 1/3 近く経過していますから…。

コロナで対面の重要性もある程度減りましたし、本書では機械音声は肉声には勝てないという位置づけでしたが会話型 AI もずいぶん進化しているようです (こんな事例も… Googleマップを名乗る03-4567-0700の電話、実は公式の会話AI | ツギノジダイ)。

状況は刻々と変わるので、新しい情報をキャッチアップしていきたいものです。